礼拝に対する姿勢

Bravo

ハレルヤー!

コロナになってオンラインで主日礼拝を守るようになって3年目です。

今まで聖殿で守っていた時は9時15分くらいまでには着いてて、お祈りをして礼拝に臨んでいました。

でも、オンラインで礼拝を守るようになって 基本 家なので家の用事が優先になってしまって礼拝が始まる10分くらい前にズームに繋いで礼拝に臨むことが日常になってしまいました。

その少しの差ですが、礼拝に臨む姿勢が日常が中心になってしまってることに今日悔い改めました。

御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生は、礼拝に出られる前は必ず冷水で体を清められて臨まれます。

自分自身が清い捧げ物だからです。

そのように先生は幼い時から何十年とそうされています。

礼拝前に体を清めることが難しくても、せめて30分前から祈りで準備していくことが礼儀だと気付かされました。

「愛は無作法をしない」

鄭明析牧師先生が仰った御言葉です。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会」大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA