キリストがきた意味

Bravo

ハレルヤー!

私が信仰持ち始めてた頃(約7年前)メシヤとか救い主とか救世主、という単語がしっくり来なかった。いや、しっかりくるとかより意味がわからなかった。

キリストという呼び名は「イエス・キリスト」って呼ばれてたから名前(イエス)、キリスト(苗字)と思ってました。

メシヤ、救い主、救世主、キリストが全て同じ意味だと知った時、特にキリストがイエス様の苗字でないと知った時はビックリしました。

意味はキリスト教では自分達の罪をあがなってくれる救い主という意味です。

そしてキリスト教はメシヤ、救い主の教えということになります。

聖書にはイエス様がなぜ来たのかということが書いてあります。

マルコによる福音書2:17 「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。私が来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」

テモテ第一の手紙1:15

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来てくださった」

イエス様は罪人を救うために来た!とはっきり書いてあります。

この箇所、読んだ時すごく感動したの覚えてます。

だからイエス様は自分には罪ないのに、イエス様を無知でちゃんと迎えられなかった罪人のために自分を犠牲にして十字架にかけられたんだ〜っと分かりました。

イエス様は十字架にかけられて亡くなられる前に

「この人達は無知で罪を犯していることが分からないのです。許してください」と言われて息をひきとられました。

イエス様が自分の命を犠牲にして全人類の罪をあがなわれたのです。

今日はキリストがなぜ来られたのか?ということを聖書に基づいて書いてみました。

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA