大谷翔平選手から学ぶこと

Bravo

ハレルヤー!

メジャーのオールスターでも大活躍だった大谷選手。

ホームランダービーの時はこれでもか〜!って言うくらい楽しませてくれて釘付けになりました。

岩手県出身で花巻東高校が母校です。

いつもインタビューや映し出される画面から大谷選手の人柄が垣間見れて楽しみにしています。

ネットでも話題になってますが、大谷選手がマウンドにあがる時 ゴミが落ちてたら拾いながらマウンドにあがるそうです。

その行動を世界中の人が絶賛してるのですが、高校の時の同級生のインタビューで、彼は学生時代からゴミ拾いをしていたと言うことがわかりました。

「ゴミを拾うと運を拾う」そんな思いもあったようです。

そして彼はいつも感謝を忘れなかったと聞きました。

野球が大好きで、大好きだからこそすごく努力も惜しまなかったとその当時の監督が話されてました。

練習の時もいつもどんな時もプラス思考で常に前向きだったそうです。

「野球が大好き」そのひたむきな心が私たちにも伝わるから自然と応援したくなります。

私達に御言葉を伝えてくださる鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生もどんな時も神様に感謝を惜しまない方です。

今週は「聖三位に感謝と愛の栄光を帰しなさい」の週ですが、先生は半端ないほど感謝されます。

そしてどんな時も肯定的にプラス思考です。

神様の考えにはマイナス思考はないです。

めちゃめちゃ考え方が前向きで絶対にブレません。

先生が神様のことを話される時の笑顔は最高です!

先生が1番好きなのが神様だからです。

先生のキラキラ笑顔 最高です!!!

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA