コーヒーには心疾患の死亡リスクを下げる作用がある

Bravo

ハレルヤー!

コーヒーのもう一つの効力は、1日 コーヒーを3〜4杯飲むと心疾患の死亡リスクを36%減らせるということです。

国立がんセンターによる最新研究結果です。

コーヒーに含まれるニコチン酸が血流を良くして血栓を作りにくくしてるそうです。

インスタントコーヒーでも効力は変わらないそうですが、保存方法をちゃんとしないと劣化するそうです。

それには新しいインスタントコーヒーを開ける時にコツがあります。

内紙の縁を残して開けるのがポイントです。

この縁を少し残すことで空気が入ってくるのを防いで劣化が防げるみたいですよ。

そして

夕食後に飲むことで血流が改善して夜 寝た時に血栓予防になるみたいです。

では、各飲み物のまとめの表です。

飲み物をうまくとりながら健康守っていけたらいいですね!

キリスト教福音宣教会 大阪のふなっしー好きのおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA