解いてあげよう

Bravo

2020年11月29日 主日礼拝

本文 聖句 詩篇 71:1〜9

主題

「解いてあげよう」

今日の御言葉の本文詩篇はイスラエルの2番目の王様が書いたものです。

ダビデ王が困難な時に書いた詩です。

ダビデはどんな困難な時も神様を賛美して生きた人で、神様を愛し仕えることを楽しみにした人です。

ダビデ王は御言葉を伝えてくださる牧師先生そのものですね!

牧師先生もどんな困難な時も神様を賛美して愛して栄光を帰すことを忘れない人です。

今日の主題

「解いてあげよう!」

牧師先生が「解いてあげる」とは元の状態にしてあげることだとおっしゃいました。

もっと分かりやすく言うと筋肉痛をほぐすようにしてあげること。

神様に切実に気を揉む祈り、哀願する祈り、神様が退屈しない祈り、神様の心情を分かって祈る祈り、神様を感動させる祈り、かわいらしい祈り、ありのままの祈り。

その時、神様は解いてくださると仰いました。

切実な真実な祈りに奇跡が起こる。

「奇跡」人間の力ではどうすることもできないことが成されるということ。

ダビデのようにどんな時も神様を愛して感謝して栄光を帰して、切実に祈る時に共にしてくださって たくさん働きかけてくださる。

そして全ての問題を解いてくださる全知全能な神様です。

教会に通ってる才能豊かな

若者が書いてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA