命を顧みなさい

Bravo

2020年11月22日主日礼拝

聖句 ヨハネによる福音書 21:15〜17

主題

「命を顧みなさい」

今日は日曜日、礼拝の日でした。

ハレルヤー!

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました

今日の御言葉も本当にめぐみ深い愛いっぱいの御言葉でした。

本文の聖句

マタイによる福音書 21:15〜17

ここの箇所はイエス様が十字架にかけられてお亡くなりになって三日後 イエス様の霊が復活して弟子に現れて言われたところです。

イエス様は十字架にかけられてもう肉体がなくなったから自分で命に接してあげることができないから、「私を愛するのか?」っと3回も聞かれて 自分を本当に愛して信じてくれるペテロに一番大事な救いの仕事を任せられるところです。

私達も一番信頼する人、自分が望んでることを必ずしてくれる人に大事な仕事を任せることができますよね?!それと同じです。

そして御言葉を教えてくださる牧師先生は

「命達を顧みないといけない。自分だけが食べて喜ぶのではなく、まだ神様のことを知らない人達にも御言葉を聞かせてあげて、育ててあげて霊も肉体も食べさせてあげないといけない」と教えて下さいました。

御言葉の中で

愛は愛する人が願われてることを行なってあげること。だと教えて下さいました。

だから主を愛する人には主が共にして下さいます。

最後に

主を愛するならしるしが起きる!

愛の実を結ばないといけない!

今年も後残りわずかだから自分の位置で後悔しないように最高に行なって命の道を行きなさい!と締めくくられました。

アーメン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA