聖書の登場人物の名前がごちゃごちゃ

Bravo

ハレルヤー!

私、世界史が苦手でした。

理由の一つは名前が同じような名前が多くてわかりにくかったことです。

これが 今 聖書を読んでて聖書の中でもおこってます。

一番始めに???って思った名前がマリア

①イエス様のお母さんの名前は誰でも知ってる聖母マリアですよね。

②その次に有名どころはマグダラのマリア。

③ヤコブとヨセフの母マリア。

もう既に三人でてきました。キャパオーバーです。

その時代その地域にマリアという名前はポピュラーな名前なので何人もマリアが出てくるのです。

その次に???って思った名前がヨハネ

①ヨハネによる福音書や黙示録を書いたヨハネ。

②イエス様にバプテスマを授けたヨハネ。

他にも聖書を読んでるとヨハネは出てきます。

ヨハネもこの時代ポピュラーな名前だったようです。

十二使徒の中にはヤコブの子ユダ、イエス様を裏切ったイスカリオテのユダ

まだまだいっぱいごちゃごちゃになる名前があるのですが、始めの頃 同じ名前がいっぱいでわからない!

日本の名前太郎花子みたいなもんです(あー、今時は名前違いますね)

聖書につまづいた一つでした。

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA