男子校で「生理」の授業

Bravo

ハレルヤー!

今日テレビを見ていたら、男子校で体育館に集まって婦人科の先生から「生理」の授業を受けてる風景が流れていました。

私たちの時代は、女子だけ体育館に集められて「生理」の授業を受けたの思い出しました。

画期的な取り組みです。

生理の仕組みや、その前後 イライラして感情のコントロールが難しくなるとか、生理痛の痛みを伴う場合があるとか、色んなことを細かく学んでいる感じでした。

男子生徒の感想は

痛みはわからないけど、そういう時は寄り添ってあげたいと思う。

パートナーができた時に、大変さを少しでも分かってあげれるようになりたい。

知らなかったことを知れてよかった。

などでした。

お互いの体の仕組みを知ることで思いやって助け合うことができるから こういう授業が広まったらいいなと思います。

私も独身時代 かなり生理痛が激しくて、痛み止めを飲んでも早退するくらいでした。

それが子供を産んだ後は一切 生理痛がなくなりました。

考えれば考えるほど、神秘期的な体です。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA