おばあちゃん緊急入院

Bravo

今朝 いつものようにおばあちゃんを起こしに行ったら反応が薄くて、起き上がれなかったので 熱を計ってみると39.8度ありました。

まさか、コロナ?!

すぐに 訪問看護師さんに連絡しました。

そこから往診部の方に連絡してくださって 看護師さんが来られてまずコロナ検査をしました。

結果は陰性だったのですが、高齢で熱が高くて心不全もあるので救急車呼んで 診察に来てください。と指示がありました。

病院について、すぐに私は隔離待機室で待つことに。

病院についてもコロナ検査をして陰性でした。

コロナは陰性でしたが、血液検査の結果 心不全の数値がかなり高くて、肺に水も溜まってました。

発熱は尿路感染と胆嚢炎かもしれないということでした。

貧血も少しあるようです。

入院の書類を書いて様々に手続きをして家に帰ったのが15時前。

そこから入院準備をしてまた病院に行きました。

今度のお正月 元旦で95才です。

95年間休まず心臓は動いてるので、大分 機能が低下してきてるそうです。

待機室で待ってる間 教会の皆さんに祈ってもらうことができました。

今までも両手では数え切れないくらい おばあちゃんの命を守ってくださった神様、聖霊様、御子に感謝です。

おばあちゃん 私達が病室から出る時「がんばる!」っと涙目でしたが、今回も元気に復活してくれると思います。

祈ってくださった皆さん、ほんとうにありがとうございました!

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでしたー。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA