祈りは仕事だ〜主日礼拝の御言葉

Bravo

2022年9月11日 主日礼拝の御言葉

聖句

マルコによる福音書9:23〜29,

マルコによる福音書11:24,詩篇4:1

主題

「祈りは仕事だ」

鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生は御言葉の始めに「救いにおいて祈りは80%しめる」と言われました。

この裏を返せば祈らないと救いは80%成せないということてす。

今回の主題「祈りは仕事だ」の御言葉の核心は

祈れば体が直接行けなくても三位とイエス様が行なってくださる」ということです。

祈りはなぜ仕事と言われるのでしょうか?

鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生は

何かの仕事を前にしてするべき仕事だ〜っと教えてくださいました。

マルコによる福音書11:24

「そこで、あなたがたに言うが、なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう。」

‭‭

どんなことをする時も、祈りが大切です。なぜならそこに聖三位神様が働いてくださるからです。

では、どんな祈りをしたらいいのでしょうか?

①切実真実に祈ることです。

②集中して祈ることも大事です。

集中して祈れない時、何を祈っていいのかわからない時は、聖霊様に助け求めて祈らないとも教えてくださいました。

③時間を決めて祈ること

鄭明析牧師先生は時間を決めて祈ることで、ちゃんと祈れると教えてくださいました。

確かに〜。

後で祈ろう。◯◯して祈ろう。と思ってても ついつい生活に流れて結局祈れなかった〜ってよくあります。

聖霊様に願いもとめて祈るべきことも悟らせてもらいながら時間を決めて「祈りと御言葉の年」締め括っていきたいです。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA