分かって真実に祈って行なう時だ〜主日の御言葉

Bravo

2022年7月31日 主日礼拝の御言葉

聖句

ルカによる福音書12:12,マタイによる福音書21:22

マタイによる福音書26:41

主題

「分かって真実に祈って行なう時だ」

教会に通ってる絵心ある方が描いてくださいました

今日の御言葉は今本当に祈らないといけない時だからくださった御言葉です。

キーワードは「分かって」というところです。

祈りの重要性、必要性を分かって祈ることが大事です。

①祈ってこそ考え、感動、悟りで教えてくださる

②祈ってこそ方向も、方法もくださる

③祈ってこそ自分の問題も分かって人生も分かるようになる

④祈ってこそ自分の信仰も変わり、救いの次元も変わる

⑤祈ってこそ神様、聖霊様、御子の働きかけも分かる

⑥祈ってこそその分どうなるのかが変わる

この6つの重要性、必要性を分かって祈ることです。

祈る私達の姿勢も大切だと教えてくださいました。

祈る時は「真実に祈る」ことです。

祈る時は「声に出して正確に力強く祈る」

祈る時は「目的を持って祈る」

祈りの重要性、必要性をちゃんと教えてもらったので、ちゃんと分かって 真実に、目的を持って声に出して正確に祈っていきます。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA