もらった使命を貴重に思ってこそ奪われない。自分の命のようなもらった使命。

Bravo

2020年10月4日

聖句

使徒行伝 20:24,エペソ人への手紙 4:11〜12

主題

もらった使命を貴重に思ってこそ奪われない。

自分の命のようなもらった使命

ハレルヤー!

今日の御言葉は使命のことでした。

使命とは職責であり、義務であり、任務であると教えて下さいました。

もう少しわかりやすく説明すると自分が当然すべきことです。

使徒行伝で使徒パウロはイエス様の福音を証する使命を果たしたら自分の命は少しも惜しいと思わない。と言っています。

えーーー!!!

すごくないですか?

自分の命に代えても福音を伝える!という使徒パウロの使命感。

いや、使命感だけでは命まで投げ出せません、普通。

御言葉を伝えてくださる牧師先生は

使徒パウロがメシヤを神様だとはっきり悟って福音を伝えてこそ救われるとわかったからだ。と教えて下さいました。

始めはイエス様のこともイエス様の弟子達のこともめちゃくちゃ迫害してたパウロだったのに、こんなに人って変わるんですね!

初めてこのことを知った時は驚きました。

また使徒パウロは福音がどれほど重要か!と悟ったから、福音の使命を喜びと楽しみで果たしたのです。

やっぱり何をするにも喜びで楽しくないと続かないし到底 命も賭けれませんよね。

牧師先生もいつも神様の仕事=使命は、楽しく喜びでしないと「仕事」になってしまって苦しく辛くなってしまうと仰います。

私も喜びで楽しく主と共に行なっていきたいです。

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA