冬場のワクチンを打ちに行くのに適した服装

Bravo

ハレルヤー!

今日 主人が3回目のワクチンを打ちました。

服装のことを考えずにいつも着ている長袖の服を着て行って、肩まで上げれると思ったけど 結構 上の方に打つので 結局遠山の金さん状態になって打ってもらったそうです。

なので、今度私が打ちに行くときは肩を出しやすい服がいいよ!ってアドバイスしてくれました。

なるほど〜!

1回目、2回目 ワクチンを打った時期は夏だったから半袖の服装だったので 全然問題なかったのですが、今は冬場だから肩を出しやすい服を予め考えて行った方がスムーズに行くと思います。

今着ている長袖シャツを肩まで捲ってみたのですが、まくれるけど全然余裕ないので 打つ時 打ちにくいし、痛みもより感じそうです。

私が考えた服装は

半袖Tシャツを下に着てその上に長袖の服を着る服装です。

大勢の方がワクチンを打ちに行ってるので、服の着脱に時間をかけないようにする工夫が必要です。

ネットには以下のように書いてあります。

ワクチンは肩の筋肉である「三角筋」にします。 静脈注射のように腕に打つわけではありません。 袖をまくって肩を出せる形の半袖や、袖のないノースリーブなど、肩まで出しやすい服装で接種会場にお越しください。 また、冬場は冷えますので、カーディガンやパーカーなど、半袖の上に羽織って簡単に脱ぎ着できる暖かい服装でお越しください。

まだ接種券が届いてないのですが、届いたらすぐに予約して打ちにいきたいと思います。

コロナも3年目に入ってしまいました。

今は第六波ですが専門家の先生は第七波も来ると思ってワクチンは早めに打っておいた方がいいと言う見解です。

小さい子供たちが打つかどうかは家庭で話し合って決めるようですが、元気なお子さんでもコロナに感染したら家族も濃厚接触者になって行動が制限されるので なるべく打った方がいいのかなって思ってます。

身近にも感染者がじわじわと出てきています。

そんな中でも濃厚接触者にもならず、コロナにもかからず家族全員守ってくださってることに感謝です。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA