今後日本がすべきコロナ対策

Bravo

ハレルヤー!

日本もワクチン接種率が高くなってコロナ感染者、重症患者がだいぶ減ってきました。

海外のワクチン率が高い国二つの国で両極の結果が今でてるみたいです。

上がポルトガル ワクチン接種率 84%で感染者がガクンと減っています。

ポルトガルはその結果を見て、今月1日から段階的に制限緩和をしていってるそうです。

上の表はシンガポールです。

ポルトガルと同じようにワクチン接種率 83%どめちゃ高いです。

でも、最近感染者数がすごく増えてるんです。

だけどシンガポールの首相は「感染者の98%が無症状か軽症だからコロナはもはや危険なものではない」と言っています。

なぜこんなにシンガポールの感染者数が増えたのか?

検査をして無症状の感染者まで炙り出しているから増えてるということらしいです。

今後 日本の対策として

①マスクと換気の徹底

②検査の徹底→感染者は隔離

③ワクチン接種率を80%超

上記三つに気をつけてウイズコロナをしていきながら、ワクチンの3回目接種は必須みたいです。

ワクチンにかかった時の特効薬の開発も期待します。

気になるのは発展途上国のワクチン接種率が上がってるのかどうかです。

来年になったら少しづつ海外へも行けるようになったらいいですね。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA