歴史を正しく知ることが世界平和につながる

Bravo

2020年8月15日

75年前の今日  日本は終戦を迎えました。

昨日から戦争に関するテレビ番組をよくしています。

戦争を体験した人も亡くなられたり高齢になられて、ほとんど戦争を知らない世代です。

そんな中、大阪に住んでらっしゃる戦争の語りべの方が戦争を知らない私達に望むことは何ですか?という質問に
「戦争は絶対に起こしてはいけない。この平和をずっと守ってほしい!」
ということでした。

大阪出身ではないですが大阪に住んでいて大阪大空襲のことを知らなかったことでした。

8回目の大空襲が8月14日  終戦の1日前に京橋駅付近に落とされたということです。

7EA4DD8F-904D-4C0A-885B-5AD3F6D70528.jpg
​↑
空襲後の大阪市街の写真です。

大阪大空襲(おおさかだいくうしゅう)は、第二次世界大戦末期にアメリカ軍が繰り返し行った、大阪市を中心とする地域への戦略爆撃ないし無差別爆撃の総称である。

1945年3月13日深夜から翌日未明(日本時間、以下同様)にかけて最初の大阪空襲が行なわれ、その後、6月1日6月7日6月15日6月26日7月10日7月24日8月14日に空襲が行なわれた。これらの空襲で10,000人以上の一般市民が死亡したと言われている。

京橋駅にはちょうど、城東線(現在の大阪環状線)の上り列車・下り列車の2本が入線したところだった。居合わせた多くの乗客が、立体交差する階下の片町線ホームに避難していた。そこに1発の1トン爆弾が、城東線の高架を突き破って片町線ホームに落下して爆発し、避難していた乗客らが爆弾の直撃を受けた。この空襲での犠牲者は、身元の判明している者だけでも210名以上、他に身元不明の犠牲者が500 – 600名以上いる(遺体の損傷が激しく正確な犠牲者数は不明)とされている。

B2FEAE32-1BE6-4191-AF83-68BEF9128198.jpg
京橋駅南口の大阪大空襲京橋駅爆撃被災者慰霊碑

そう言えば京橋駅近くに何か祀られてるな〜って前を通った時は思ってましたが、ちゃんと見たこともなく見過ごしていました。

語りべの方はその時の様子は一瞬に地獄のようだった。と仰ってました。

自分がもしもその場にいたらと思うとどうしてただろう?何ができただろう?

ただ、怖い!と思ったし、絶対に何があっても戦争はしてはいけない!と思いましたた。

戦争を知らない私達は、自分が経験してないから仕方ないじゃん。ではなく、知らなかったら戦争の事を学んで先ず知ることが大事です。

神様は地上にも天国を成すために地球、万物、私達人間を造られました。

戦争を起こして、争うためではないです。

これから未来も絶対に戦争を起こさない、戦争をしている国は戦争を止める

神様が願われている地上天国が全世界 必ずなされる事を祈ります。

314C4D47-8969-4672-9BF5-7487BFEC8559.jpg
​↑
教会に通ってる才能豊かな若者が書いてくれました。

A29E85ED-F079-441A-B5DE-B9C9C7407CDB.jpg
​↑
絵心ある方が書いてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA