被曝75年 平和を祈る

Bravo
​1945年8月6日  午前8時15分に広島に原爆が投下されました。

その日から今日で75年。

毎年、この日は広島で平和式典が行なわれます。

今年はコロナもあって大幅に参列者が制限されて行なわれました。

6C0E704D-5D06-4AEF-9D5B-0F3CF2925549.jpg
​世界で唯一の被爆国 日本。

だからこそ、平和を核兵器禁止を世界に訴えていける国にならないといけないです。

戦争を知らない人の方が増えているからこそ、もっと伝えていかないといけないことです。

小学校から高校までの間、今 学校でどのくらいの時間をかけて戦争のことを伝えているのだろうか?

私が幼い頃のことを思い出しても学校で教えてもらったのは歴史の時間くらいだったかもしれない。

歴史は繰り返す。と言われます。

一番繰り返してはいけないことは戦争です。

戦争をして勝った国も負けた国もあまりにも多くの命を失います。

あまりにも悲惨だと分かっているのになぜ戦争をしてしまうのでしょう。

私達が誰でも今できることは、戦争をしてしまった悔い改めの祈り、亡くなられた方々への癒しの祈り、世界から核兵器がなくなって平和になる祈りです。

神様が願われてる地上天国をなすために。

247D3CD4-D06F-46F6-9660-A683028BD47B.jpg
​↑
教会に通ってる才能豊かな若者が書いてくれました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA