「前もって分かって行なってきた」〜主日の御言葉

Bravo

2022年11月27日 主日礼拝の御言葉

聖句

ローマ人への手紙1:1〜4,ローマ1:17,ローマ10:17

主題「前もって分かって行なってきた」

神様は時代の中心人物、使命者に神様の御心を伝えて神様の歴史を成されてきました。

神様は今の時代も同じで継続して行われてます。

でも、人間を通して成さなければならないから、問題が起こります。

私達が「絶対的に御心を立てる精神」を立てないといけないです。

マタイによる福音書16:3

「また明け方には『空が曇ってまっかだから、きょうは荒れだ』と言う。あなたがたは空の模様を見分けることを知りながら、時のしるしを見分けることができないのか。」

‭‭

天気は見分けられるのに、「時」のしるしはなぜ見分けられないのか?!っとイエス様が話されてます。

私達は現実に見て聞こえるもので揺らいでしまいます。

揺らいだら信仰も揺らいでしまいます。

神様の歴史はどんな状況でも成されます。

御言葉で正しく「時のしるし」を分かって堅固な信仰で神様の歴史を成していきたいです。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA