44年前の今日 御言葉の点が始まった

Bravo

ハレルヤー!

今日は44年前の今日 6月1日から鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生たった一人からキリスト教福音宣教会の福音(御言葉)が始まった記念日です。

鄭明析牧師先生が たった一人で始められた経緯や歴史を語って下さいました。

先生の一番大きい悟りは

「神様が私を最高に助け、愛して下さる」

という悟りだと仰いました。

先生の山での修道生活は一度は逃げ出してしまったくらい大変なものだったけど、ただひたすら神様への愛で乗り越えて来れたんだなと思います。

そこに行き着くまで、ただひたすら祈られて 完全な祈りで全ての問題を解決して来られました。

神様の歴史の核は「祈り」です。

完全な祈りをして完全に自分をつくられた先生がいらっしゃるから、私たちにも完全な祈りをして完全に自分をつくって生きていくことが どんな富、名声より大切なことだと教えてくださってます。

私も自分の始まりの時、アルパを思い出していつも 感謝と喜びで神様を感じる生を生きたいと改めて感動がきました。

教会に通ってる絵心ある方が描いてくださいました

2022/6/1 アルパ節の日没

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA