誰が私たちを助けるのか?ただ神様、聖霊様、主だ

Bravo

20211003 主日礼拝

①人間が「全能なる神様と聖霊様に関すること」を「1つでも悟ること」がどれほど大きく貴重か知りなさい。

②神様も聖霊様も「たくさん」助けてくださるが人間がこれを悟れないから「少し」助けてくれると思う。

詩篇121:1〜18,詩篇118:12〜18

主題

「誰が私たちを助けるのか?ただ神様、聖霊様、主だ」

ハレルヤー!

今日の主日の御言葉は主題で分かるように

私達を助けて導いてくださるのはただ神様、聖霊様、主 だということです。

聖書の神様の歴史を見ても、神様、聖霊様、主が助けてくださったから歴史がなされて来ました。

だけど、私達人間は神様、聖霊様、主が助けてくださってるのに悟れていないです。

悟れないから神様、聖霊様、主が共にしてくださる確信がなくなって、生活と信仰が別々になるということです。

では、悟れるようになるためにはどうしたらいいのか?

神様、聖霊様、主がしてくださったことを見ようとして見て、悟ろうとしてこそ悟れる!と教えてくださいました。

詩篇はダビデが神様に感謝して褒め称える詩が書いてあります。

私達もどんな時もダビデのような告白が口から出ないといけないのです。

御言葉を教えてくださる鄭明析(チョンミョンソク)牧師先生はどんな小さいことも生活の中でいつも神様、聖霊様に感謝されます。

その先生の精神に私達がならないといけないです。

今月は神様に栄光を捧げる月です。

私がこの貴重な時に生きていられることに感謝、神様の存在を知って悟れたことに感謝、神様が宇宙万物を私達のために創ってくださったことに感謝、神様が愛してくださってることに感謝、御言葉を与えてくださってることに感謝、先生を通して働いてくださってることに感謝、平和に生きていられることに感謝、飢えずにご飯を食べれることに感謝、兄弟姉妹の存在に感謝、祈れることに感謝、悔い改めに感謝、引き上げてくださったことに感謝‥‥

まだまだたくさんありますが、全て全能なる神様が90%〜95パーセントしてくださってることに心から感謝を捧げます。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA