コロナ禍で孤立化の現状

Bravo

ハレルヤー!

今日テレビで「コロナ化の孤立対策」という番組をしていました。

今までカラオケやサークルに行っていた高齢者の方がコロナで行けなくなって、家で孤立になって認知症が進んだり、鬱になったりする人が増えているそうです。

また、外にあまり出ないようにしているから筋力も落ちてきている人もいるという現状です。

一人暮らしの方は一日 誰とも話さないということもあるそうです。

その対策として、訪問看護師さんが訪ねて対話をしたり、お弁当業者の方がお弁当を届けるついでに対話をしたりゴミ出しをしたりと取り組まれていました。

また、ズームを使って体操をする企画があるのですが、高齢者の方が自分でズームを繋げることが難しいので、お子さんやお孫さんを巻き込んでズームをつなげれるように支援をしてあげることも大事だと伝えてました。

これを見ながら、今 昔より地域のつながりが希薄になってきているけど 人と人との繋がりが大事なんだな〜っと思いました。

私が住んでる地域のことを考えても、昔から住んでた方が引っ越されてマンションになって、町内会はありますが正直 どんな方が住んでいらっしゃるのかよく分かってないです。

コロナを通してこれから考えていかなければならない問題もたくさん見えてきました。

今日 新しい総理大臣が決まりました。

みんながお互いを思いやる社会になることを祈ります。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA