6月27日から少しづつ教会オープン

Bravo

ハレルヤー!

昨年の2月の半ば過ぎからコロナ対策から 日曜日の礼拝も教会で行われる全てのことも中止になって、毎週礼拝は家で守っていました。

ワクチンも少しづつ打てるようになってきて、緊急事態宣言も解除になって少しづつですが大阪は感染者が減っています。

オリンピックもあるので蔓延防止はまだ続いていますが、私達が通っている教会も27日の日曜日からコロナ対策を厳重にして少しづつ聖殿で礼拝を守れるようになるみたいです。

それに向けて、アルコール消毒する時には非接触の自動で出るアルコールディスペンサーを買ったり、非接触の体温計を少し買い足したり、換気のためにもサーキュレーターを買い足したり、準備が進められてます。

コロナ前は本堂の中はぎゅうぎゅう詰でしたが、27日からはコロナ対策なので前後2メートル空けて座る椅子の配置になるそうです。

なので来れる人数も20名少しです。

一年四ヶ月、教会に行かずに家で礼拝を守ってきて移動の時間もかからないので今では楽だな〜って思い始めてました。

でも、本堂で礼拝守る方が集中できるし、讃美も大きい声で歌えるし、心にズギューン!っとくる感じです。

まだまだマスクをして讃美する時も大きい声では讃美できませんが、それでも聖殿に行けること楽しみです。

聖殿にみんなが来る時間も分散するということです。

そして、礼拝が終わったら速やかに帰宅です。

久しぶりに会う人ばかりだから喋りたいけどそれもNGです。

まだまだ以前のようには戻れませんが、それでも少しづつでも教会に行けるように変化してることが嬉しいです。

大阪主愛教会 CGM(キリスト教福音宣教会)

大阪のふなっし好きのおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA