聖書には何が書いてあるのか

Bravo

ハレルヤー!

聖書って何が書いてあるの?

分厚いし、ちょっと目を通しただけだと難しそう。

きっと日本人の多くはそう思われると思います。

今はあまり見ませんが少し前まで ホテルのベットサイドに聖書置かれてました。 私は眠れない人のために置いてあるのかな?(聖書読んだら難しくてすぐに眠くなるから)っと思ってたくらいです。

新約聖書 テモテへの第二の手紙 3:16には

「聖書はすべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である」と書いてあります。

でも、神様の歴史も知らない私達が一人で読んでも難しいな〜っと思う本です。

私が聖書を学び出した理由の一つに、人生の色んな疑問や問題が解決されるよ!っと教えてもらったことです。

え〜、ほんまかな〜?って半信半疑なところもあったけど、実際少しづつ解かれていってます。

もしもこのブログを読まれた方で、私も問題を解決したい、スッキリしたい!っと思われる方がいらしたら、是非キリスト教福音宣教会の門を叩いてください。

今日の箴言

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました

神様の歴史 学んでみたら興味深いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA