信仰とは実践しながら信じること

Bravo

ハレルヤー!

教会に通ってる才能豊かな
若者が書いてくれました

御言葉を伝えてくださる牧師先生は

「信仰というものは、ただ信じることではない。行ないつつ信じることだ。実践しながら信じることだ」っと教えてくださいました。

アーメン!です。

「信じなさい!信じなさい!」といくら言われてもただ信じるだけでは確信がないから揺れてしまいます。

でも、自分が行なって行く中で「ほんまにそうやな〜、アーメン!やな〜」っていう積み重ねで真の信仰心が完成するんだと思います。

私が信仰を持った時は、正直始めは分からなかったです。

でも、分からないながらも「一回信じてみよう!」と思ったのです。

そして続けて神様からの御言葉を聞いて実践してみようと努力する中で、赤ちゃんだった私の信仰心が段々成長して行ったんだなって思います。

何で信仰心が成長していったのか?

それは御言葉を教えてくださる先生の御言葉、考え、精神がぶれないことです。

そして、先生から出る御言葉は先生が実際に自分で行なって自分が悟って出てくる御言葉だからです。

もう一つは祈りが成就されるということです。

祈ったことが成就したら信じるしかないですよね!

でもなかなか成就しない祈りもあります。

その祈りは簡単に成就できない祈りだから、山を動かすぐらい難しいことなんだけど、神様の時が来た時には動かなかった山も動くようになるんだ!と教えてくださいました。

そして神様の時は全てのことが頂点になった時だと教えてくださいました。

その時には100%祈りは成就されると言われました。

だから焦ることはないよ〜っと言われました。

私にも山のように動かない願いがあります。

でも、必ず時が来たら叶えてくださることを信じてこれからも祈っていきます。

これが私の信仰心です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA