大阪主愛教会の規制も少しずつ緩和の方向

Bravo

ハレルヤー!

私が通ってるCGM (キリスト教福音宣教会 )大阪主愛教会もコロナになって昨年の二月からずっと教会で礼拝を守らないように各自が気をつけている状態です。

大阪は1日の感染者が1000人を超える日もあって緊急時代宣言に入りました。

少しずつ感染者も減って今月の21日には緊急事態宣言もようやくあけます。

それに伴って大阪主愛教会でも感染防止をきっちりした上で本堂に2メートル間隔で入れるように少し緩和されるようです。

ずっと一年四ヶ月 家で礼拝をズームで守っていたので教会に行けることが楽しみです。

教会のみんなとも久しぶりに会うからしゃべりたいですが、礼拝が終わったら速やかに解散です。

ワクチンも少しずつですが 若い世代が打てる時期を早めてくれているし、一日も早く集団免疫ができて以前のようにみんなが集まって讃美をして礼拝が守れる日が来ることを祈っています。

(教会の入り口に咲いてる紫陽花です)

CGM (キリスト教福音宣教会)大阪主愛教会

大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA