主を信じてこそ生きる

Bravo

2021年2月14日主日礼拝

聖句 マタイによる福音書8:5〜13

主題

「主を信じてこそ生きる」

副題

「これほどの信仰」

教会に通うてる才能豊かな若者が忙しい中 今回も書いてくれました。感謝です。

ハレルヤー!

今日の御言葉は神様が遣わされた方を信じてこそ生きる(救われる)ということです。

聖句の内容

カペナウムでイエス様が多くの癒しをされてその噂を聞きつけた百卒長がキリスト教徒ではないけどイエス様の御力を信じてイエス様のもとに来ました。

百卒長の僕が中風で苦しんでるからイエス様に癒してもらうためなのですが、イエス様が「私が行って治してあげよう」と言われたのですが、百卒長は「私の屋根の下にあなたをお入れする資格はないです。ただお言葉をください。そうすれば僕はなおります」と言ったのです。

その言葉にイエス様はすごく感心されて百卒長の信仰の上に「行け!あなたの信じた通りになるように」と言われて僕を癒やされたのです。

ここで重要なのはどれくらい信じるか!です。

この百卒長は無条件 イエス様が癒してくださる!っと信じたのです。

そこに神様が働かれたということです。

イエス様のことを絶対的に信じてなかったら、このしるしは起こらなかったということです。

それくらい、神様が遣わされた人を信じて御言葉を聞くことが大事なんだと悟りました。

御言葉を伝えてくださった牧師先生が、多くの人は信じなくてもいい事は簡単に信じる。これが問題だ!と仰いました。

私たち一人一人が分別する知恵が大事だし、正しいことを知る事が大事です。

そのためにこのように御言葉を聞くんだと改めて悟りました。

キリスト教福音宣教会 大阪のふなっしー好きなおばちゃんでした〜。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA